カメラの買取りサービス

カメラは「カメラ」というカテゴリーであり、電化商品とは違うもの“でした”。

なぜ過去形かというと、現在はカメラのほとんどはデジカメでありカメラは家電扱いになっているからです。

フィルムカメラとデジカメの大きな違いは取り込んだ画像を保存する方法です。フィルムカメラは物理的にフィルムへと写しこみます。デジカメはレンズより取り込んだ画像をデジタル処理してデータとして保存します。

画像を取り込む方法は両者ともレンズを通して行い、カメラという基礎理論は大きくは変わっていません。ただ保存方法の違い、これがカメラが家電になった原因です。昔からPCを扱っている人は分かっていることなのですが、CPUやハードディスクなどコンピューターの処理速度や保存用の媒体は1年いや半年ごとに進んでいます。

最新型のPCやそれに使用されていた機材は半年後には旧型になり性能も抜かれ価格も下がることになります。デジタル技術が使用されているデジカメも同様に、カメラそのものではなくその中身であるデジタル技術が秒単位で進化し続けているのです。

そのため価格の変動が激しく家電と同様にすぐに旧型へと変わってしまうのです。そのため買い替えも盛んに行われることになるのですが、価格が変動するといっても一眼レフとなると安い買い物ではありませんし、スマホのように本体が無料になることもありません。

そのため買取りサービスが行われていることが多く、それを利用しない手はないのです。

(一般家電との違い)

関連サイト「カメラ買取」:カメラ買取ならカメラ高く売れるドットコム|一眼レフ・レンズなどお売りください